お前を血液製剤にしてやろうか

DCIM20160514162517676.jpg
48回目。今までよりも収穫が大きかった!

場所:川口駅献血ルーム
種類:成分献血(PPP)
時間:50分ほど
採血腕:左腕
処遇:ハンカチ、お菓子2個(事前予約特典、遅延のお詫び?)

ぬいぐるみについては後述。

今回は成分献血、それも血小板献血である。
自分は血中の血小板濃度が高いので、
ガンガン取られても平気である。
(たまに赤血球濃度が下限割りそうになるけどな!)
そんな血小板人間に対して、
血小板採取目標を何としてでも達成したい職員が
今回の採血で使いたい機械はかの有名なトリマアクセル。

・採取音がうるさい
・短時間でガッツリ血小板を抜き取れる
・採取に適した人が少ない
・採血と返血のサイクルが頻繁
・画面を横から覗き見出来ない
・そもそも画面表示の意味がわからない
・カセット式で準備が楽

と非常にスパイキーな性能が特徴だ。
しかし、伺った時間の12時、
トリマアクセルは2台とも使用中であった。
空くのは2時間後の2時。
そこで、もし時間に余裕があれば
外で昼食をとり、時間をつぶしてもらい
2時に再来してほしいとの事。
(トリマアクセル以外は空いてるのでそこで即献血も可能)
長らく当たらなかったトリマアクセルに当たる絶好のチャンスだ、
そう捉え2時間後に再来することを約束したのだった…。

外出前に渡されるカード。腕のリストバンドと引き換えに受け取る。
DCIM20160514121226339.jpg
川口駅前はアミューズメント施設(イート川口)やスーパーに恵まれ、
今回は行かなかったが図書館もあることから時間つぶしには困らなかった。
立ち寄ったゲームセンター内の大型クレーンゲーム機の景品の一つで、
相当心惹かれる大型プライズ景品があった為、
(詳しくは「秋山優花里 ぬいぐるみ」で検索!)
事前に店舗の悪評が無いか、同様の機体での取り方などを検索した上で、
1100円(13回アーム移動)で獲得。
アームの最適な動かし方に悩んだものの、
大型クレーンゲーム素人にしては上出来である。

さて話を元に戻して…
2時に再来し、トリマアクセルで採血開始。
結構な血小板が抜き取られるこの機種だが、
他の機種に比べて採取速度が異様に早く、
1時間せずに終了のアラームが鳴った。
もっとも、採取と返血を頻繁に行う仕様から、
他の機種に比べいつ終わるのか分かりにくいが…
(画面を見ようにも覗き見防止仕様のため不可能)
採取後はいつも通り、30分間の休憩を約束され、
埼玉県内での急な血小板献血要請を受ける制度の登録を勧められ、登録。
結局採血に時間はかかったものの、
なかなかネタの多さと変革を感じた今回の献血であった。

おまけ
DCIM20160514151039985.jpg
受付ルーム内の備品。
謝礼品として欲しいな、と思った。
スポンサーサイト

テーマ:献血 - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dai6.blog78.fc2.com/tb.php/1633-ddecd244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad